お金の稼ぎ方としての残業や副業の方法とは

一般的に会社員の給与は20万円~30万円が最も多くなっています。例えば大企業の重役などはそれよりも遥かに多い金額の給与をもらっている事もありますが、最も一般的な給与額は上記のような金額になっています。
この金額は1人暮らしの場合には大きな問題になることはほとんどありませんが、結婚していたり子供がいた場合には苦しい状況になってしまう金額と言えます。
なので大半の方は今よりも多くのお金を稼ぐ方法として残業を進んで行っています。そして、この残業をお金の稼ぎ方として利用するのは賢い稼ぎ方になります。
と言うのも基本的に多くの企業では社員のアルバイトなどの掛け持ちを禁止しています。これには様々な理由がありますが、仕事の効率の低下や離職の可能性を減らす為に禁止されている事が多くなります。
しかし、一般的な企業では残って仕事をする事を禁止している所の方が少なくなります。
例えば納期のある仕事ならばそれに間に合わせる事は信頼を得たりする上での最低条件になりますし、そうでなくても生産量の向上や人件費を抑えるなどの面でも残って仕事をする事は推奨はされていませんが黙認されている事がほとんどになります。
ただし、最近では不景気のあおりを受け一時的に禁止しているケースもあります。このような場合には無理に残って仕事していると逆にペナルティーを与えられたり、残って仕事してもその分の賃金は支払われないなどの可能性があります。
なので今の会社の状況を良く考えて禁止された場合には大人しく従う事が重要になります。なお、このような場合には会社の規模によっては副業する事を黙認するようなケースもあります。
なのであからさまにする事は問題になる事がありますが、こっそりと上司などに相談してアルバイトの許可を得ることができると言う可能性もあります。

残業以外のお金の稼ぎ方としては、インターネットなどを利用した副業が挙げられます。これは一般的にはアフィリエイトなどと呼ばれていて、基本的にはリスクが少ない賢いお金の稼ぎ方になっています。
具体的には自分でブログなどを作りそこに広告を貼ると言う方法になりますが、これは自分の努力次第で月に数万円~数十万円稼ぐことが可能になります。
また、一日の内の数時間程度で行う事ができます。これは軌道に乗った後の話になりますが、基本的には自分のホームページを閲覧した人が広告をクリックして商品を購入するなどして収入を得ています。
なので、一定の閲覧者を確保できれば後は一日数回だけ記事を更新すれば一定の収入が期待できます。これは非常にメリットが大きく、例えば眠りにつくまでの数時間で記事を更新したり通勤電車の中で更新する事も可能になります。
一日数時間の作業で数万円の収入を得られる事は非常に効率的で賢いお金の稼ぎ方になります。なので現在では会社員でも副業として行っている方は大勢いらっしゃいます。
また、会社などに報告する必要がありませんしバレる可能性もほとんどありません。例えば月に数十万円も稼いでいる場合はバレる可能性もありますが、月に数万円程度であれば申告の義務はありませんので会社などにバレる可能性はゼロに近いと言えます。
なので安心して行う事ができますし、基本的には上記のようにノーリスクになっています。自分で使える時間が減ってしまうと言う問題はありますが、その分が収入になると考えればデメリットともリスクとは言えません。
またクリックされなかったからと言ってペナルティーが発生する事もありませんし、月々の利用料や登録料なども無料の所が多くなっています。なので、インターネットを利用した副業が現在では主流になりつつあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です