正社員として、賢いお金の稼ぎ方とは?その方法とは?

ビジネスにおいてビジネスパーソンがお金を稼ぐということは素晴らしいことです。短期的、かつ早急にお金を稼ぎたいのであれば、副業をするということが1番有効でしょう。しかし副業というのは一般的な感覚で言うと、勤めている会社から認められていない場合が多いです。その為、お金を稼ぐために始めた副業が悪影響をもたらし、本業の給与が下がることになってしまったり、退社の流れになってしまったりしたのでは本末転倒です。企業の正社員として勤務し、成功法で賢いお金の稼ぎ方をするのであれば、「稼いだ給与を有効に使うこと」が大事なポイントです。具体的な方法としては自己投資をすることです。例え今の仕事には必要のない知識であったとしても、ゆくゆく必要な知識は沢山あります。そのような知識やノウハウを時が来て勉強するよりも、予め習得していた方が、与えられたチャンスをものにできる確率は何倍にも上がります。経理マンであれば貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書を作成できなければなりませんが、一流のビジネスパーソンであれば別に作成できなくてもよいですが、そういった財務三表をしっかり読むことができるレベルは必要です。仕事では与えられた立場で求められる内容が違ってきます。分かりやすく年齢で言うと、20代の頃は売上等の数字をまず上げる必要があります。その為に実務レベルを向上させることが必須です。そして30代になってくると、下に部下を何人も従え、重要な業務判断をする機会が増えます。その為には先にも触れた財務三表くらいは読めるようにならないといけません。40代や50代になってくると、人間力が大事になってきます。また20代や30代で頑張ってきた成果が現れるような時期でもあります。必ずしも年齢で求められる内容が決まるわけではありませんが、分かりやすく例えると以上のようなことが言えます。

日々の仕事で結果を出すことはもちろんですが、その結果として稼ぐことのできた報酬(給与)を正しく使うことが、先々になってから、「もっとお金を稼ぐための正しい方法」と言えます。何も「贅沢をしてはいけない」「習い事に全てお金を使いなさい」と言っているわけではありません。例えば頑張った自分へのご褒美に何かを購入するということも、正しい使い方であれば、とても良いことなのです。自分のモチベーションが上がったり、次のステージを目指すためにも大事なことなのです。それから飲食でも、賢い人の利用の仕方は違います。たまに・・・で良いので、少し高いお店に行くのです。もちろんネームバリューを求めていくのではありません。そこで出される料理やサービスを吟味するのです。「お皿がきれい」「盛り付けがきれい」「料理がおいしい」「お店の雰囲気がいい」「サービスが良い」。料理に全然詳しい人でなくても、そういったことを定期的に続いていけば自ずと感性が磨かれていきます。こういった経験は後々に必ず役に立ってくるですが、いつも同じお店だったり、安い居酒屋ばかりを繰り返していたら、そういった世界には少しも触れずに時間が過ぎていきます。仕事がら、取り引き先と良いお店に行けるような人でも、自分のお金で行ってみることをおすすめします。感じるものがまた違います。それから単純に習い事をするのも、もちろん良いです。自分の得意分野を思い切り伸ばしても、苦手分野を克服するためでも構いません。スポーツなどを習って自身の健康管理に役立てるのも良いです。そこで交友関係が広がったり、ストレス発散に繋がったりする効果もあるでしょう。正社員で勤務している方にとって、正攻法のお金の稼ぎ方は自分への自己投資です。プロのビジネスパーソンはそのレベルを高めるために沢山のことを学ばなければなりません。しっかりとした目的意識を持って、計画的にお金を使うことが重要なのです。

柳内和幸がお金の稼ぎ方を伝授!